独自補正で的中率UP!競馬新聞&スピード指数の3つのポイント

競馬指数

完全無料で情報を提供している「競馬新聞&スピード指数」というサイトはその名の通り、競馬新聞にスピード指数を表示し推奨馬を掲載さているサイトになります。

スピード指数は西田式を基本としていますが、さらにそこから独自補正を施すことでさらに高い的中率を実現しているサイトです。

ネット競馬などと比較すると掲載されている情報料は少ないですが、高い精度の指数は見る価値があるものになっています。

他にも多くの指数サイトがありますが、シンプルかつ的中実績も多くある競馬新聞&スピード指数について紹介していきたいと思います。

競馬新聞&スピード指数ってどんなサイト!?

競馬新聞&スピード指数

競馬新聞&スピード指数とはサイト名そのままでレースの競馬新聞に独自で導き出した指数を掲載しているサイトになります。レース前日に更新され、中央競馬で開催される全てのレースに対応していて、全て無料というのが大きな特徴となっています。

過去の10年分の全レースを閲覧することもでき、指数を出すために多くのレースを参考にして算出されています。西田式でスピード指数を出していますが、その他に独自の補正を施すことでさらに精度が高い指数を導き出しています。

競馬新聞&スピード指数はどうやって指数を出してる?

どうやって指数を出してる?

競馬新聞&スピード指数では先ほどから言っていますが西田式のスピード指数を参考にしています。

  • 先行指数(先行力の能力値)
    =ペース指数-距離別ペース指数(平均値)
  • ペース指数(持久力の能力値)
    ={(基準タイム-上がり基準タイム)-(走破タイム-上がりタイム)}×距離指数
    +{馬場指数÷(距離指数+1)}×距離指数
    +{(斤量-55)×2÷(距離指数+1)}×距離指数
  • 上がり指数(上がり3Fの瞬発力)
    ={(上がり基準タイム-上がりタイム)×距離指数}
    +{馬場指数÷(距離指数+1)}
    +{(斤量-55)×2÷(距離指数+1)}
  • スピード指数(総合力の能力値)
    =(基準タイム-走破タイム)×距離指数+馬場指数+(斤量-55)×2+80

以上で導き出した指数を参考に予想を行っています。さらにここからは重要で、このままではその馬が持つスピードの指数化には成功しているものの他の要素を全く参考にしていないため、その馬が持っているスピード指数を本当に発揮できるかが分からない状況になっています。

そこで競馬新聞&スピード指数では「SP指数補正」というスピード指数に独自の補正を追加しものも掲載しています。SP指数補正では以下のことを参考にいしています。

  • 馬柱のスピード指数を近走重視で平均化
  • 休養明けを補正

このことを反映させることで、本当にスピード指数で出された数値通りにレースを行えるのかどうかを判断することが出来ます。どれだけスピード指数が高くても最近好走していないのなら信じるのは危険になるため、多少の割引が必要になるのです。

下記で解説しますがこのSP補正によって大きく買い目が変わることもある、重要な要素となっています。

競馬新聞&スピード指数のポイントを3つ紹介

では本題の競馬新聞&スピード指数のポイント、魅力について紹介していきたいと思います。王道のスタイルですが、磨き上げられた精度で多くの競馬ファンを魅了しています。利用することを検討している方は特に参考にしてみて欲しいと思います。

競馬新聞&スピード指数のポイントのその1:10年分のデータを掲載

10年分のデータを掲載

競馬新聞&スピード指数では過去10年分のレースデータや、その時の指数などを掲載しています。さらにエリザベス女王杯ならエリザベス女王杯だけのデータを10年分簡単に閲覧することが出来ます。払い戻しや全競走馬の馬柱、そして指数を見ることができるため、過去と比較した予想を簡単に行うことが可能となっています。

競馬では不思議と荒れるレース、固く決まるレースなどそのレース毎に傾向があり勝率が高い枠などもあり過去のデータはとても重要になります。

また過去に指数が的中しているのかどうかも見ることが出来るのは嬉しいですよね?このレースは指数がいつも当たっているなとなれば、今度も信用できるのでは?という仮説も立てることが出来ます。逆に指数がハマっていないレースがあるのならば信用せずに自分で予想を立ててみようと思うことができるはずです。

さらにここまで指数で予想をしていれば嫌でも精度が上がってくると思います。つい最近指数で予想を始めました!というサイトと、もう10年間もガチで予想してます!だったら後者の方が信用できますよね?多くの経験を積むことで予想の精度を上げていくこともできるのです。

競馬新聞&スピード指数のポイントその2:的中ランキングが凄い

的中ランキングが凄い

競馬新聞とスピード指数以外にも過去の実績が掲載されています。そこでは払い戻しのランキングも掲載されているのですが、その内容が凄いのです。長く続けることも重要ですが、しっかりと的中させることももっと重要になります。

そこで競馬新聞&スピード指数が過去の的中した中でも払い戻しが凄かった馬券をランキングで5つ紹介したいと思います。驚きなのがこれは全て馬連でのオッズだということです。3連単なら分かりますが、馬連でこの実績は流石としか言いようがありません。

  1. オッズ「5025.9倍」:2006年9月9日開催 中京「サラ系3歳未勝利」
  2. オッズ「4373.9倍」:2005年10月22日開催 東京「サラ系3歳以上1000万以下」
  3. オッズ「4319.7倍」:2007年9月9日開催 阪神「サラ系3歳未勝利」
  4. オッズ「3981.0倍」:2008年9月7日開催 小倉「サラ系3歳未勝利」
  5. オッズ「3644.1倍」:2008年3月16日開催 中山「サラ系4歳以上1000万以下」

となっています。今回はランキング1位の中京で開催された「サラ系3歳未勝利」についてさらに紹介します。このレースは16頭立てとなっており、1番人気が1.8倍とかなり支持されていました。実はレースは1番人気の馬が2着でゴールしましたが、走行妨害による降着で6着へとなったことで大波乱のレースとなったのです。

1着のメイショウギリーは13番人気で単勝オッズが「349.4倍」と全く期待されていなかった競走馬でした。さらに2着に来たデンコウグリーンは12番人気で単勝オッズが「296.7倍」でした。この時代はまだ三連単という買い方がなかったですが、三連複で「6,952,600円」の払い出しを記録しており、世間を大きく騒がせました。

競馬新聞&スピード指数のポイントその3:完全無料で全コンテンツを閲覧可能

完全無料で全コンテンツを閲覧可能

ここまで凄い的中を続けている競馬新聞&スピード指数ですがその全てのコンテンツを完全無料で利用できるというは凄いですよね。他の指数サイトと併用して利用することもできますし、自分の予想をサポートする役割として利用することもできます。

もし指数がなかったとしても無料で競馬新聞を使えると考えればそれだけでも特に感じますね。膨大なデータと精度が高い指数、そして競馬新聞を無料で利用できるとなれば価値はありますよね?

また登録の必要もないので、騙されるとか、迷惑メールが増えるとかそういうことも一切ありません。安心して利用できるというだけでも競馬予想サイトしてはかなり優秀だと言えると思います。

競馬新聞&スピード指数は本当に当たるのか?

ここまでポイントや魅力について紹介してきましたが、競馬新聞&スピード指数が本当に当たるのかどうかを検証していきたいと思います。提供された指数がどこまでレースの結果を導き出しているのかを見ていきたいと思います。

本当に当たるのか?

この画像は2019年11月10日に開催されたG1のエリザベス女王杯の競馬新聞と指数になります。一番下に指数が表示されていますが、「独自指数」「SP補正後の指数」「前走の指数」となっています。1番人気は11番のラブズオンリーユーでした。指数を見ると元々独自指数では◎となっていますが、SP補正後では印が消滅しています。

実はラブズオンリーユーは6か月の休養明けのレースとなっていて、本当に実力を発揮できるのかが心配されていました。逆に〇から◎へと変更されたラッキーライラックは調子も上げていましたし、ジョッキーもスミヨン氏に乗り替わることで注目を集めていました。

元の指数のままでは的中したとは言えませんが、SP補正でしっかりと競走馬の状況を捉えて見事に的中と言える指数を導き出しています。△が付いていて3着になったクロコスミアもSP補正後に印が付いており、ただの指数では導きだすことができない繊細な予想を実現しています。

また2番人気で前走圧倒的な走りを見せたクロノジェネシスですが、エリザベス女王杯では実力を発揮することはできませんでした。それすらも指数でしっかりと見つけることが出来ているのは凄いとしか言いようがありません。〇が付いているスカーレットカラーは残念ながら7着という結果でしたが、実はスカーレットカラーは馬体重が14キロプラスになっていたことが懸念されていました。明らかに調教失敗という意見も多くあったので、その情報さえキャッチ出来ていれば〇が付いていても軸にはしないと思います。

まとめ

今回は競馬新聞&スピード指数というサイトについて記事で紹介させていただきました。普通のスピード指数を提供しているサイトは多くありますが、そこから独自の補正でさらに磨きがかかった予想を展開しているのが大きなポイントでもあり魅力でもあると思います。

指数を出すだけなら基本的に難しい事ではありません。しかしレースの結果に直結するような指数を提供することはとても難しい事です。ここまで精度が高く、さらに無料で知ることができるというのは優良サイトと言えると思います。

ネット上には「回収率200%超え!」「10週連続的中!」などの過大広告を利用し、お金だけを騙し取ろうとするサイトがほとんどです。この競馬新聞&スピード指数のように優良サイトを見つけることは難しいと思うので是非一度サイトを見てみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました