南関東競馬専門のNankansp!が使用している5つの指数を解説

競馬指数

競馬予想サイトでは競走馬を独自の指数で数値化し、予想を展開しているサイトが多くあります。ファクターと呼ばれる複数項目を使用し数値化することが分かりやすく競走馬の能力を利用者に伝えることが出来るため、利用するサイトも増加しています。

今回ご紹介するNankansp!は大井、浦和、川崎、船橋の南関東競馬のレースを指数で予想しているサイトになります。地方競馬や中央競馬など対応しているレースはサイトごとにそれぞれありますが、南関東に特化しているサイトは珍しく需要も多くあるため、利用者も多く参考にしている人は少なくありません。

この記事ではNankansp!が提供している指数についてご紹介したいと思います。1頭の競走馬について5つの指数を利用していますがそれぞれ特徴があり、参考にしているファクターがあります。

Nankansp!ってどんなサイト?

Nankansp!

Nankansp!は南関東競馬と呼ばれる大井、浦和、川崎、船橋の会場で開催されるレースの予想を指数を使って行っているサイトになります。中央競馬の予想も提供していますが、メインは南関東競馬になります。すべての情報が無料で提供されており、登録の必要もなく閲覧することが出来るため安心してサイトを利用することが可能となっています。

出馬表では全競走馬を5つの指数で数値化し分かりやすく表示しています。その指数から◎、○、△などの印を付けておすすめの競走馬を一目で分かるようにしています。5走分の馬柱も表示されているため、予想のサポートには最適な情報を提供しているのが特徴です。

また出馬表無しでおすすめの馬だけを簡潔に提供もしているため、予想する時間が無い方はそのおすすめ馬を参考にすることで時間短縮にもなります。

出馬表をざっくり説明すると「能力指数」「ペース指数」「先行指数」「馬場指数」「パフォーマンス指数」「枠指数」の6つのオリジナル指数を一つのレース情報中に取り入れることで、予想に深みを出すことが出来るようになります。

さらにこれらすべての指数を総合的に判断し、トータルの評価をランキングで表示しています。一つの指数ではなく複数の指数を利用することで様々な可能性を考慮することができ、一般人ではなかなかたどり着けない予想を展開することが出来るのです。

Nankansp!が使用している5つの指数をそれぞれ紹介

5つの指数

Nankansp!が参考にし、利用者に提供している5つの指数についてそれぞれの特徴を解説していきたいと思います。他にも指数を利用する予想サイトは多くありますが、ここまで多くの指数を利用し、それぞれの特徴を隠さずに提供しているサイトは珍しいと思います。どんなファクターを使って予想を展開しているのかを知りたい方はぜひ最後まで読んでみてください。

使用している指数その1:枠指数

枠指数

Nankansp!では内枠が有利で、外枠が降りという補正を施しています。値は1~3でそこまで大きな影響は与えないものの、ギリギリの予想を行う時の最後の決断の材料になるものです。

レースによっては外枠が有利になる場合もあるため、全てこの基準で参考にすると失敗することもあるため、レースの傾向は自分で探した方がより精度が高くなると思います。

実際にレース予想に使用するファクターで枠順を気にする人は多く、厩舎側もどの枠に入るのかドキドキで待つ場合もあります。

さらに競走馬によっても得意な枠、苦手な枠があります。例えば逃げ馬なら先頭に立ちやすい内枠が有利とか、追い込みを得意とするなら馬群に揉まれない外枠が良い場合もあります。

レースによって有利不利が存在しますが、このNankansp!では内枠を有利としています。しっかりと参考にするようにしましょう。

使用している指数その2:先行指数

先行指数

先行指数はレースの上がり3F以前の前半のタイムを表しています。上がり3F(600M)と比較しやすいように600Mのタイムに調整してあります。この指数では馬の能力値ではなく、どの馬が前につけるのか、後ろからレースを展開するのはどの馬なのかなど、レースの展開を予想するのに参考になる指数となっています。

開催されるレースの時期にもよりますが、前残りになりそうなレースでは先行を得意とする競走馬を軸に考慮したり、どれだけ人気があっても追い込み馬なら割引が必要になる可能性もあります。

ペースや展開などをつかむことは的中率アップにつながるため重要な情報だと言えます。全競走馬の先行指数からレースの展開を読み、馬券につなげれることが出来ればより深い買い目にたどり着くことが出来ると思います。

使用している指数その3:ペース指数

ペース指数

ペース指数は上がり3Fを基準に、それ以前を前半、上がり3Fを後半としたペースを表しています。50だと前半と後半のペースが全く同じで、50以上だと前半速く、後半遅かった事になります。また50未満の数字だと前半遅く、後半速かった事になります。簡単に例をあげますと、100以上の馬はほとんどハイペースで逃げて後半バテバテになった馬です。また30の馬は4コーナー手前まで最後方をポツンと追走し、直線猛然と追い込んできた馬になります。全てがこういう訳ではありませんが、イメージとしてはその馬自身のペースがわかるようになっています。

この指数もレースの展開、競走馬がどのようなレースをするのかの参考になる指数となっています。レースのペースを読むことは馬券に大きな影響を与えるため、しっかりと把握するようにしましょう。

使用している指数その4:馬コメント/馬指数

馬コメント/馬指数

馬コメントでは現状ではレースを全て見れていないので、主にスローペースやハイペースの補正をしています。特に変わった様子のなかった馬にはコメントはありません。現状は0という表示になっています。

馬指数はレース中の不利など、レースの展開によりタイムに与えたであろう影響を数字で表しています。上の例ですと、大外のマクリでバテバテになってしまったという展開を、もしマクリをせずにスムーズな展開だったと仮定した場合は10(1秒)は速く走れただろうという事を表しています。

ただ前走などのタイムを参考にするのではなく、展開次第ではもっと上位にこれたのではないかという競走馬を見抜くことが出来ます。

使用している指数その5:Nankansp!指数

この馬のレースのパフォーマンスポイントになります。具体的に中身を見ていくと、タイム±斤量±※1(枠指数)±※4(馬指数)±馬場指数(未公開)±オリジナル指数(未公開)になります。オリジナル指数に関しては全ての馬に対して±しているわけではありません。

多くの予想サイトがメインに提供しているような競走馬の能力値を現した指数になります。他の4つの指数ももちろん予想に大きな影響を与えるものですが、このNankansp!指数は一番参考にするべき指数となっています。

オリジナル指数の詳細は未公開ですが、多くのコアな競馬ファンたちも納得の指数を提供しています。

Nankansp!の実力を見てみよう!

Nankansp!の実力

ここまでNankansp!の指数に関する特徴などを紹介していきましたが、やはりその指数が当たるのかどうかが最も重要ですよね?競馬予想サイトならやはり的中率が命だと思います。そこでNankansp!の指数が本当に当たるのかどうかを検証していきたいと思います。

上記の画像は2019年11月13日(水)に多い競馬場で開催された8Rの「しぶやダイバーシティ賞」のNankansp!が提供した指数による予想になります。

最も指数が高く◎がついているのが16番のメガゼウスで、次が11番のスマートフレイそして9番のトーセンイマジン、3番のヤマクジラ、8番のガーネットクロスがおすすめの馬として予想されています。

実際にこのレースの結果はどうだったのかというと…

  1. 16番メガゼウス
  2. 8番ガーネットクロス
  3. 11番スマートフレイ

という結果でした。指数で進められていた競走馬が3体で決着しており、見事な的中と言える結果ですよね。むしろ完璧に近い予想だったのでがないでしょうか?3着の11番スマートフレイは12番人気で3連単の払い戻しは「26,050円」でした。そこまで荒れてはいませんが、人気馬と穴馬を見事に見抜きドンピシャの的中です。

他にも的中の実績はありますが、今回は以上のレースをピックアップして紹介させていただきました。Nankansp!の実力は分かっていただけたのではないでしょうか?ぜひ一度サイトを訪れてその指数を実力を検証してみてください。

まとめ

今回は南関東競馬をメインに予想しているNankansp!というサイトについて紹介させていただきました。競走馬の能力を指数で表示するサイトは多いですが、その他にも枠やペース、脚質などを指数化しているのは珍しいと思います。その分だけ他のサイトよりもさらに精度が高い予想を提供できているのかもしれないですね。

地方競馬を指数で予想しているサイトは他にもありますが、南関東競馬に特化しているサイトは少なく、今までの実績を踏まえても注目のサイトだと思います。

中央競馬の予想も行っているので、南関東競馬で実力を知ることが出来たら週末は中央競馬の予想にも使ってみるとことをおすすめします。

また競馬予想サイトとしては完全無料で登録不要というのはとても嬉しい仕様ですよね?今まで予想サイトに騙されたとか、お金をかけることに抵抗がある人はぜひ利用してみて欲しいと思います。

無料で指数を提供しているサイトは他にもあるので、複数のサイトを参考にしながら予想を展開するとまた違った買い目にたどり着くことが出来るかもしれませんね。さらに複数のサイトで推されているならさらに信頼度も上がるのではないでしょうか?

今まで競馬の予想に指数を使用していなかったという人もこの機会に利用を検討してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました