一攫千金狙い!競馬予想で万馬券を当てるための5つのコツを紹介

予想の仕方

競馬予想をするなら憧れるのは万馬券ですよね?100円が何万円、何十万円にもなることもあるため夢がたくさん詰まっています。他の競馬ファンには分からないような自分だけの穴馬を見つけ出し、見事的中した時は脳汁があふれ出ると思います。

しかし、万馬券を的中させることは簡単なことではなく、外れ続ける危険性も兼ね備えています。一発当てれれば大きな払い戻しとなりますが、その一発を当てるまでに多くの投資が必要になる場合もあります。

そこでこの記事では競馬予想をする時に万馬券を意識した買い方や、コツなどをご紹介したいと思います。この方法をやれば必ず万馬券が当たるという訳ではないですが、考え方や狙うべきレースの特徴などが分かれば当てることも夢ではありません。

今まで競馬で美味しい思いをなかなか出来ていな人や、最近収支が落ちているような方は是非参考にしてみて欲しいと思います。

万馬券って一体何?

万馬券

競馬をしていると嫌でも目にするのが「万馬券」という文言だと思います。競馬に詳しい方は説明の必要がないと思いますが、誤解している人もいらっしゃると思うので簡単に解説していきます。

万馬券とは100円が1万円以上に馬券のことを指します。単純に言えば

「オッズが100倍以上の馬券」

のことです。払い戻しが1万円を超えるものと勘違いされやすいですが、2倍以上の馬券に5000円賭けて的中すれば払い戻しは1万円を超えますがそれは万馬券とは言いません。

そのため複勝やワイド、枠連などの買い方では万馬券になることはほとんどなく、単勝でも100倍を超えることは少ないですし、何よりもそんな人気が薄い競走馬が勝つことも珍しいので難しいですね。

最近では3連単で比較的簡単に万馬券が出ますが、実は3連単が導入されたのは2004年です。3連複も2002年だったのでそれまでは馬単、単勝、馬連で100倍以上のオッズじゃないと万馬券は出ませんでした。

3連複と3連単なしで万馬券を出すことが難しいのは少し競馬をやったことがある方なら分かると思います。そのため昔は「万馬券」というものの価値がもっと高かったのです。

競馬予想で万馬券を的中させるための5つのコツ

万馬券を的中させることは簡単ではないですが狙うことは簡単です。上記でも説明したようにオッズが100倍以上の馬券に賭ければ万馬券予想となります。しかし、的中しなければ全く意味はありませんよね?そこで万馬券を狙って予想する時のポイントやコツについて紹介していきたいと思います。

万馬券的中のコツ①:荒れるレースを選ぶ

荒れるレースを選ぶ

まず最初に注目しなければいけないのが比較的荒れやすいと言われているレースを選んで予想をすることです。上位人気馬で決着した時は3連単でも100倍に満たないレースはたくさんあります。最も倍率が高くなりやすい3連単で100倍以下ということは、どのような賭け方をしても万馬券は発生しません。そのため、ある程度穴馬が勝ちそうなレースを選ぶことが必要になるのです。

ではどのようにして荒れるレースを見極めるのかをポイントをいくつかご紹介します。

  • 主役が不在で1番人気の馬の倍率が高め
  • 馬場状態が良くない
  • 出走馬の実力が均衡している
  • 毎年荒れているレースを探す

などの方法があります。固いレースは支持されている人気馬がそのまま実力を発揮して勝利するレースですが、荒れるレース=人気下位の競走馬が勝利するレースです。そのため馬場状態が良くなくて実力が発揮できない時は倍率が高くなる傾向にあります。人気馬が重馬場が得意なら意味はないですが、良馬場でしか好走していない時はねらい目かもしれませんね。

また飛び抜けた人気馬がいない時、実力が均衡している時はどの馬が勝つか分からない混戦の状態となっているため波乱の決着になることも多くあります。もし人気馬で決着したとしてもオッズは高くなる場合も多くあります。

さらに何故か毎年荒れるレースというのも存在します。斤量に大きな差があるレースや、ステップアップのためのレースなどは荒れる傾向にあります。過去の払い戻しなどはネットで簡単に検索することができるので探してみると良いかもしれません。しかし、荒れすぎても的中が難しくなるので、ある程度狙いやすいレースを見つけることが第1歩になります。

万馬券的中のコツ②:3連複、3連単で馬券を購入する

3連複、3連単で馬券を購入する

当たり前かもしれませんがやはり万馬券を出すためには3連単、最低でも3連複で馬券を購入することが必要になると思います。単勝でも100倍以上になる競走馬は少なくはないですが、好走しても3着までで1着になることは難しいため現実的ではありません。

そのため購入する時は3連複以上がおすすめです。いや、3連複で万馬券も的中が難しいと思うのでやはり3連単が良いですね。

ガッチガチじゃない限り3連単が的中すれば万馬券となるケースが多いため、的中は難しいですが3連単狙いでいきましょう。

「でも3連単で当てるのは難しいでしょ?」

と思う人も多いと思います。実際に18頭立てのレースで適当に3連単を1点購入して当たる確率は0.2%です。流石にそれでは一生当たらないかもしれません。しかし、意外とちゃんとした賭け方を知れば的中させることはできるのです。

ではここで3連単を当てる時のポイントを軽く紹介します。3連単が出来てからは「もしかしたらこの馬が奇跡的に勝つかも?」と一攫千金を狙った買い方をする人も増えましたが、あくまでも競馬は1着に来る馬をしっかりと当てることが重要になります。

3連単を購入する時もまずはしっかりと1着になりそうな勝ちそうな馬を選ぶことが必要になると思います。そこからさらに好走しそうな馬を予想していくことで3連単を的中させることができます。原点を忘れずにまずは1着に来る馬の予想を怠らないことが大切と言えるでしょう。

万馬券的中のコツ③:3連単で3着に穴馬を持ってくる

3連単で3着に穴馬を持ってくる

「万馬券を的中させるには穴馬を軸にして考えなくては!」

と考えてしまう人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。1,2着に人気馬が来ても3着に穴馬が来るだけで3連単のオッズは簡単に100倍を超えます。そのため3連単を購入する時も人気馬を軸にしてヒモ穴う馬を持ってくるようにすれば万馬券も比較的簡単に当てることが出来ます。

そういう意味ではそこまで荒れるレースを選択しなくても良いのかもしれませんね。ガチガチに固いレースじゃなければ高い確率で万馬券となります。

2着以内に入りそうな馬を2頭選んで、3着は幅広く買う。これだけで十分です。例を挙げるとすればフォーメーションで

  1. 1番人気、2番人気
  2. 1番人気、2番人気
  3. 6番人気、7番人気、8番人気、9番人気、10番人気

こういう買い方でも良いのです。点数は10点にしかならないので1000円から勝負することが出来ます。3着は全頭流しをしても良いですが、なるべく点数を減らすことをおすすめします。

3着に来る馬が絞り切れなかった時は全頭でも良いかもしれませんね。まずは当てることが重要なので。

万馬券的中のコツ④:万馬券だけを意識しない

万馬券だけを意識しない

四つ目におすすめしたいのが、万馬券だけにこだわらないことです。完全に万馬券だけを狙って馬券を購入するとハズレが続いた時に資金が足りなくなることがあります。

3つ目で説明した買い方でも「よし穴馬だけをヒモにしよう!」という買い方ではなく、「人気馬も抑えつつもし3着で荒れたらオッズが高くなる」という買い方にすると失敗も少なくなるでしょう。

どれだけ万馬券を狙ってもそのレースが本当に荒れるのかは誰にも分かりません。荒れやすいレースはありますが、絶対に荒れるレースはありません。抑えで人気馬もしっかりと狙って購入することは大切になります。万馬券を狙って回収率をアップさせることも競馬の醍醐味ですが、的中率を無視した買い方では絶対に失敗してしまいます。あくまでも馬券を当てることの延長上にあることを忘れないようにしましょう。

万馬券的中のコツ⑤:点数はなるべく抑える

点数はなるべく抑える

3連単の購入になるとどうしても多点買いをしてしまう人がいます。フォーメーションやボックスで数十点になるとせっかく的中しても回収率を大幅にアップさせることは難しいですね。

「万馬券を当ててみたい」

という気持ちなら点数を増やしても問題はないですが「勝ちたい」という気持ちがあるなら購入する馬は絞った方が良いと思います。上記で説明したフォーメーション以外でも

  1. 1番人気、
  2. 2番人気、3番人気
  3. 2番人気、3番人気、6番人気、7番人気、8番人気

このような買い方もありですね。1着に来ると予想した馬の信頼度が高いと思ったら、このようなフォーメーションの方が的中しやすくなります。

ボックスだと選んだ競走馬がどの組わせてでも良いから3着以内に来れば的中となりますが、3頭でも6頭通り、4頭だと24通り、5頭だと60通り、6頭だと120通りとなるためどうしても点数が増えてしまう傾向にあります。点数を抑えるためにも1着や2着を固定するフォーメーションでも購入が現実的だと思います。

まとめ

今回の記事では万馬券を当てるための予想のコツやポイントなどをご紹介しました。競馬をやっているならやはり万馬券を当てることは目標でもありますよね?今回は万馬券狙いの方法をご紹介しましたが、狙い過ぎないことに注意は必要だと思います。これは自分の体験談でもありますが3連単狙いをし過ぎるとどうしても点数が多くなったり、穴すぎる競走馬を勝ってしまうようになります。

まずは単勝をしっかりと当てること。それが上手く行くようになったら今度は馬単を当てること。その次のステップとして3連単があると思っています。基本が出来ていないと応用ができないように、競馬でも基礎からしっかりと予想を展開していくことが重要なのです。

ちゃんと予想を展開していけるようになれば自ずと万馬券が当たるようにもなると思うので、着実に実力をつけていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました