競馬で絶対当てたい!的中率重視の予想する時の5つのポイント

予想の仕方

競馬は万馬券が飛び出せば元のお金が何倍にもなるロマンが溢れる公営ギャンブルとしてファンたちを魅了しています。時には100円が何十万円、何百万円にもなることもあり、一攫千金の夢が詰まっています。

しかし、そのような馬券を当てることもとても難しく「これ適当に馬券買わないと当たらないんじゃ?」と思うような時もあります。さらに夢ばかりを追って倍率が高い馬券を購入し続けると、大量の資金も必要になります。当たれば大きいですが、当たるまではかなり遠く簡単ではありません。

では逆にオッズが低くても、安定して的中させていけば元のお金を増やすことはできますよね?100レース賭けた時に1レースだけ大きく当てるのか、高い確率で的中を続けるのか。最終的な結果は時には安定した的中の方が上回ることもあると思います。

そこでこの記事では回収率ではなく的中率を重視した予想をする時のポイントを5つご紹介していきたいと思います。安定して的中させることができれば、用意する軍資金も少なくすむため、競馬を始めたばかりの方にもおすすめです。

的中率と回収率について

競馬の予想をする時や予想サイトなどでは「的中率」「回収率」という文言をよく目にすると思います。競馬を始めた人にはよく分からないこともあると思いますし、何となく理解はしているけど詳しくは知らないという人もいると思うのでそれぞれ解説していきたいと思います。

的中率とは?

的中率とは?

的中率とはその名の通り馬券が当たる確率のことを指します。10レースに賭けて5レース的中すれば的中率は50%となりますし、7レース当てれば70%となります。競馬の予想が上手い人ほど的中率は高くなっていきます。

しかし、的中率が高いということと元金が増えるということは決してイコールではありません。大げさに言えば全てのレースで全ての競走馬の単勝に賭ければ誰でも的中率は100%になります。比較的当たりやすい人気馬の複勝に賭けていれば高い的中率を保つことができますが、必ずしもプラス収支になるとは限りません。

例えば複勝1.1倍に1000円ずつ10レース賭けたとします。9レース的中したとすると、払い戻しは9,900円なのでトータル収支はマイナス100円になります。

このように外れた時の代償が大きく、ローリスクではありますがローリターンなので9レース的中しても「勝った」とは言えないのです。そのため競馬で的中率を意識することはもちろん重要ですが、高い”だけ”では勝つことはできないのです。

回収率とは?

回収率とは?

今度は回収率についてです。回収率とは元のお金がどれだけ増えたかを示すものです。例えば競馬を始めた時に10000円からスタートして、20000円になっているならそれは回収率が200%となります。逆に5000円になっている時は50%となります。100%を超えていればプラス収支になっていることを指し、どれだけレースを外し続けても1レースで大きな払い戻しがあれば一気に回収率がプラスになったりもします。

例えばオッズが20倍の馬券に1000円ずつ、10レース賭けたとします。1回だけしか当たらなかったとしても手元には20000円残るので回収率は200%となります。

どれだけ馬券が当たらなかったとしても、穴のオッズが高い馬券を的中させてしまえば一気に高くなるのが回収率です。実際に的中率が高いよりも回収率が高い方が競馬をやる意味がありますよね?

しかし、問題があるとすればそう簡単には当たらないということです。多くの競馬ファンがこの回収率アップを目指し、人気が薄い競走馬を軸にしたり、可能性を考慮しヒモに入れたりします。しかし、そうすることで賭ける金額は増えていきますし、膨大な軍資金が必要になるのです。

的中率重視の予想をするための5つのポイント

的中率が高い予想をする時のポイントを5つ紹介していきたいと思います。回収率だけを考える競馬予想も楽しいですが、まずはしっかりと当てることを重視することをおすすめしています。しかし、ただただ的中率が高いだけでもあまり良い結果はついてこないので注意が必要になります。

的中率重視予想のポイントその1:上位人気馬を軸に予想を展開する

上位人気馬を軸に予想を展開する

回収率アップを目指すためには人気が薄いけど上位に食い込んできそうな馬や、人気は高いけど調子も悪そうだし馬券に絡まない可能性がある馬を探すことが必要になります。逆に的中率重視にするならば、確実に上位に来そうな人気馬を探すことから始めると良いと思います。

人間は予想をする時に欲が出ると「きっとこの馬が勝つんだろうけどそれじゃ馬券も上手くないからこっちの穴馬を軸にしよう」と考えてしまうものです。しかし蓋を開けてみれば支持されていた人気馬がブッチギリの勝利だったという経験もあるのではないでしょうか?

オッズが例え低かったとしても勝つ馬を買わないと的中させることはできません。むしろ勝ちそうだと思った馬を中心に予想を展開していけば的中率は自ずと上がっていきます。

選んだ馬3頭が1,2,3番人気だったとしても素直にその馬券を購入することが的中率を上げる第1歩になります。

的中率重視予想のポイントその2:荒れそうなレースはスルーする

荒れそうなレースはスルーする

主役になるような競走馬が不在のレースや、斤量に大きな差があるようなレースは荒れる傾向にあります。そのため1番人気でも単勝オッズが4倍や5倍になることがあり、的中すれば払い戻しは大きくなる傾向になります。

しかし、荒れるレースはその分当てることが難しくなります。回収率を意識して馬券を購入するのならむしろ良いレースとなると思いますが、的中率を重視しているならグッと我慢してスルーすることをおすすめしています。もし賭けたとしても中穴馬の複勝くらいに留めておきましょう

的中率を重視する時はむしろガッチガチに固そうなレースを選択すると良いでしょう。1番人気の競走馬の単勝オッズが1.1倍のようなレースでは、荒れずに堅実的な結果になることが多いためおすすめです。もちろんそこから本当に人気馬が上位に来るのかを見極める必要はあります。

的中率重視予想のポイントその3:3連単では購入しない

3連単では購入しない

昔は3連単という馬券の買い方はなく、万馬券というのがとても難しい時代もありました。馬単などで100倍になることは珍しく、もっと凄いものでした。しかし3連単が登場してからは比較的簡単に万馬券が出るようになりました。むしろ3連単は中穴の競走馬が絡んだだけで100倍以上のオッズが着きます。またWIN5では的中すればもっと大きな払い出しとなり、1発逆転が可能になっています。

しかし、それだけ3連単を的中させることは簡単ではありません。18頭立てのレースでは的中率は0.2%となっており、多くの点数を購入することが強いられてしまいます。いわばハイリスクでハイリターンとなるため回収率を重視している方にはおすすめです。

そのため的中率重視の予想の仕方としては「ワイド」や「複勝」で購入することが必要になります。ワイドよりも自信がある時は馬連、さらに自信がある時は馬単などその時によって買い方は変動すると思いますが、3連単は避けた方が良いでしょう。

的中率重視予想のポイントその4:購入する馬券の点数を減らす

購入する馬券の点数を減らす

回収率が高い3連単の買い方では、1レースで30点を超えることは日常茶飯事です。むしろ30点で3連単が当たればかなり上出来と言えるでしょう。時には50点を超えるような買い方をする人も少なくありません。その分当たった時の見返りが大きいので当たれば問題はありません。

しかしここまでご紹介している的中率重視の買い方は基本的にオッズが低くなります。そのため賭けた金額よりも払い戻しが少なくなる、トリガミの状態になるので少ない点数で勝負することが必要になります。

できればワイドなら一点勝負、馬単なら5点勝負くらいにして1点に賭ける金額を増やす必要もあります。1.1倍の複勝に100円賭けても110円にしかならないので、賭ける意味はほぼないでしょう。むしろ10円のために100円のリスクを背負うのは失敗だと思います。

回収率重視で3連単で30点に100円ずつ賭けて3000円使うのなら、的中率重視ではワイド一点に3000円賭けるのが正解だと言えるでしょう。

的中率重視と聞くと幅広く購入するイメージがあるかもしれませんがそれでは元金を増やすことができないので、逆に点数は少なくして勝負する必要があります。

的中率重視予想のポイントその5:出走する頭数が少ないレースを選ぶ

出走する頭数が少ないレースを選ぶ

競馬ではレース毎に出走する競走馬の数が異なります。最大で18頭ですが少ない時には7頭や8頭立てのレースもあります。的中率重視の予想をするなら出走する競走馬の数は少ない方が安定したレース展開になることが多く、荒れにくいレースになります。

数が多いと人気馬が馬群に囲まれて実力を発揮できないこともありますし、予想をすることも難しくなります。その分オッズは低くなる傾向にありますが、的中率は高くなります。

荒れにくそうで出走する競走馬の数も少ないレースに絞って予想をしていけば的中率も上がっていくと思います。予想をする前にまずはレースの選定から始めましょう。

まとめ

今回は的中率重視の予想の仕方について記事で紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?冒頭でも説明しましたが、的中率だけを考慮して馬券を購入すると元金を増やすことが難しくなるため、回収率を意識した買い方も少しは必要になります。

少しでも1点に賭ける金額を増やすために点数はかなり絞る必要があります。しかし先ほども言いましたが3連単を30点で当てることは難しいですが、ワイドを1点で当てることは3連単ほど難しくありません。もしワイドで2.5倍ついていれば3000円賭けて7500円となります。これを2回繰り返すだけで100倍の馬券を当てたこととそこまで変わらないのです。

オッズが低くてもしっかりと点数を絞ることができればしっかり稼ぐことはできます。今までロマン狙いで3連単を買い続けて負けているという人は、まずは少ない点数で的中率を上げることを意識してみてはいかがでしょうか?馬を見る目を養えば3連単を的中させることもできるようになるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました